トップに戻る
  1. TOP
  2. インテリア雑貨
  3. オブジェ
  4. SECCA 雪花 【球体】
  • SECCA 雪花 【球体】
  • SECCA 雪花 【球体】
  • SECCA 雪花 【球体】
  • SECCA 雪花 【球体】
  • SECCA 雪花 【球体】
  • SECCA 雪花 【球体】
  • SECCA 雪花 【球体】
  • SECCA 雪花 【球体】
  • オススメ
  • ラッピング可能
  • 在庫あり

SECCA 雪花 【球体】

雪の結晶を思わせるような繊細で神秘的なガラスのオブジェ SECCA 雪花。

硬質ガラス(いわゆる耐熱ガラス)の外側に軟質ガラスをまぶし、さらに硬質ガラスで覆うと三層構造のガラスが出来上がります。 それを一晩かけてゆっくり冷却すると、膨張率の違いによって、挟まれた軟質ガラスの層には無数の亀裂が入り、 まるで雪の結晶を思わせるような繊細なヒビが生まれます。

2種類のガラスの特性を利用したこの技法は、東欧のガラス細工に起源を持つようで、 日本では数える程の工房にしか継承されていません。

SECCAは、研究熱心な福岡のガラス作家(青木 耕生さん)の手により、ひとつひとつ丁寧に作られています。

=======================

SECCA 【球体】 Sサイズ : Ø60(mm)
SECCA 【球体】 Lサイズ : Ø75(mm)

※手作りのため、サイズや形には個体差がございます。

メーカー:100% (ヒャクパーセント)

お届けの目安:即日
  • サイズ
数量

商品コード: OBJ_secca_globe

販売価格: 10,584~12,960 (税込)

98~120 ポイント獲得!

商品情報

ヒビガラスの美しい輝き

SECCA 雪花 【球体】

中のヒビは製品が完成した時点でほとんど出来上がっていますが、その後も年月をかけて少しずつ細かいヒビを増やします。
個体ごとの違いもあるため、目に見える大きな変化をお約束することはできませんが、ペーパーウエイトとして、おしゃれなオブジェとして、ヒビの成長をじっくりお楽しみください。

タブーとされる技法を活かした斬新なアイデア

SECCA 雪花 【球体】

SECCA 雪花 は、硬質ガラス(いわゆる耐熱ガラス)の外側に軟質ガラスをまぶし、さらに硬質ガラスで覆われた三層構造のガラス製品です。

本来ガラスの製法は、性質の異なるガラスを組み合わせることは、欠損を招くためタブーとされています。
SECCA 雪花 は、あえて そのタブーとされている技法に着目し、優れた技術と飽くなき研究の末に生み出された、定説を覆し、新たな価値観をも誕生させた素晴らしいガラス製品です。

SIZE VARIATION

SECCA 雪花 【球体】

SECCA 【球体】 Sサイズ : Ø60(mm)
SECCA 【球体】 Lサイズ : Ø75(mm)

※手作りのため、サイズや形には個体差がございます。予めご了承くださいませ。

SECCA 雪花 【球体】

SECCA 【球体】 Sサイズ : Ø60(mm) のサイズ感。

SECCA 雪花 【球体】

SECCA 【球体】 Lサイズ : Ø75(mm) のサイズ感。

ペーパーウェイトやオブジェとして

SECCA 雪花 【球体】

底面はフラットになっていますので、飾り棚やテーブル、デスクなどに安定して置くことが出来ます。
光を当たることでよりいっそうガラスのヒビの輝きが増ます。
ペーパーウエイトとして、オブジェとして、また、日常の暮らしに寄り添う掛け替えのないものとして、お楽しみください。

SECCA 雪花 【球体】

BRAND INFO

100%とは理由のない事です。

100%が大切にしたいのは善し悪しでも、勝ち負けでもありません。
人の持つ豊かな感情や情緒を喚起する、何ものにも代え難いその価値観を見つけ出し、みなさんと楽しみたいと考えています。
そのために、平静にモノを見つめ、誰かに要求されたものではなく自由に、冒険心と探究心を持って安易なごまかしのないモノ作りを始めたいと思います。

コンクリートの隙間から自然と生える草花のように、あるがままその本来の力を植え付けられたものに存在する場所を与えてゆけたらと思います。

SPEC LIST

サイズ SECCA 【球体】 Sサイズ : 約Ø75 mm
SECCA 【球体】 Lサイズ : 約Ø75 mm
重量 SECCA 【球体】 Sサイズ : 約340g
SECCA 【球体】 Lサイズ : 約620g
素材 ガラス
デザイン 製作者:青木 耕生
生産国 日本(福岡)
備考 ※手作りのため一つ一つ、サイズや重量、ヒビの形状が異なります。

お客様レビュー

- RANKING -

デザイナー紹介