トップに戻る

ミッドセンチュリーモダン

ミッドセンチュリーモダン

一口にミッドセンチュリーモダンといっても現代では様々な捉え方がありますが、ミッドセンチュリー【mid-century】 をそのまま直訳すると『世紀の半ば』となるように、インテリアの歴史では20世紀の半ば頃(1940~60年代)にアメリカを中心に生まれた家具や建築におけるインダストリアルデザイン(工業デザイン)、およびその流れのことを指し示します。

ミッドセンチュリーアイテム
ミッドセンチュリーの歴史

ミッドセンチュリー・モダンはアメリカを中心として広まっていったといわれていますが、それには大きく分けて2つの理由があります。

『世界的な家具の需要拡大』 1つ目は、アメリカ国内を中心に家具の需要が拡大したことです。
1945年に第二次世界大戦が終結し、戦争に参加していた兵士たちが地元に戻り家庭を築いたことで、アメリカ国内に住宅ブームが巻き起こり、それにともない家具の需要が高まりました。
また、戦争の傷跡が色濃く残るヨーロッパに比べて、本土が無傷なため生産力を有していたアメリカが世界産業の中心となりました。大戦中の技術革新などにより大量生産やコストカットが可能になったことも需要拡大に繋がり、アメリカは世界的な消費時代を一手に担う存在へとなりました。

『有能なデザイナーの台頭』 2つ目は、デザインの最先端がアメリカに移ったことです。
大戦前はバウハウスを擁するドイツがデザインの中心でしたが、ヒトラーによってバウハウスが弾圧されたことにより、バウハウスは解散。当時の校長であったミース・ファン・デル・ローエをはじめとした有能な教師たちは次々とアメリカに亡命しました。その結果、デザインの中心地はドイツからアメリカへと移行していったのです。

拡大する家具の需要により消費者の意識がデザイン性の高い家具を要求するように変化したこと、それに応えるように有能なデザイナーがアメリカ国内を中心に台頭してきたこと、そういった時代の流れを背景にミッドセンチュリー・モダンというスタイルは生まれました。

ミッドセンチュリーの歴史
デザインの特徴

ミッドセンチュリー・モダンの家具には、シンプルかつ合理的でありながらレトロ・フューチャーな雰囲気を持ち合わせたデザインが目立ちます。
家具やグラフィックに関わらず、ミッドセンチュリーと聞くと【曲線的でカラフルなデザイン】を思い描く方も多いのではないでしょうか。

その時代に曲線を用いた未来的なデザインが多く作り出された理由の一つとして、第二次世界大戦終結後という時代背景が挙げられます。
大戦中の技術革新により生まれた技術や素材は、それまで実現できなかった創造性のある形状とそれらの大量生産を可能にしました。

成形合板やプラスチック、グラスファイバーといった新技術・新素材に、レトロ・フューチャーと呼ばれる当時の先進的な未来像を融合することで、それまでにはなかった斬新なスタイル、ミッドセンチュリー・モダンが生まれたのです。

量産化に適したプラスチック素材を当時のデザイナー達が意欲的に活用したので、合成樹脂の特徴を活かした曲線的でカラフルなデザインが目立っていますが、それまでに使われていた木材や金属、ガラスなどの素材に対しても、それまでより自由で革新的な表現が与えられたこともこの時代の特徴と言えます。

デザインの特徴
主なデザイナー

・George Nelson(ジョージ・ネルソン) ・Charles & Ray Eames(チャールズ&レイ イームズ) ・Eero Saarinen(エーロ・サーリネン) ・Isamu Noguchi(イサム・ノグチ) ・Edward Wormley(エドワード・ウォームリー) ・Harry Bertoia(ハリー・ベルトレイア) ・Jens Risom(ジェンス・リゾム) ・Ernest Race(アーネスト・レイス) ・Achille Castiglioni(アッキレ・カスティリオーニ)
この時代はジョージ・ネルソンやチャールズ&レイ・イームズをはじめとする有能なデザイナーが数多く輩出されたのも大きな特徴です。
ミッドセンチュリー・モダンの中心であったアメリカ国内だけでなく、イギリスのアーネスト・レイスやイタリアのアッキレ・カスティリオーニ 等、国外にもたくさんのデザイナーが登場しました。

また、ミッドセンチュリー・モダンとよく比較される北欧モダンもこの時代に影響を受けていると言われています。

主なデザイナー